株式会社WinNetはSEO対策を始めとする確実な集客アップ、売上アップに繋がる仕組みをご提供します。

WinNet

アメブロ

Mixi

Twitter

Facebook

WINNETブログ詳細

2015/12/18(金)

株式会社ウィンネット◆内部要因?外部要因?評価されるSEO対策はどっち?◆

lgi01a201309210500

 

みなさま、こんにちは☆

株式会社ウィンネットです♫

 

さて、本日のテーマはこちらです(^^)!

 

【内部要因?外部要因?評価されるSEO対策はどっち?】

 

自社のホームページをたくさんの人に見てもらうには検索順位を上げるべくSEO対策が必要!

しかも、無料で自分でも行える対策として注目度が高いのですが、なんだか知らない単語もたくさんでてきますよね・・・。

いざ、始めてみるとカタカナの単語に混じって「内部要因」と「外部要因」という言葉。

内と外でできる対策といった大雑把な内容は把握できますが、どのような意味なのか詳しいことを知りたいというご担当者様!

本記事で詳しく説明しますので、ぜひご参考にしてください!

 

 

#そもそも内部と外部って何?

 

SEO対策に内部と外部、それぞれの対策というものがあるんです!

もちろん、どちらもしっかり対策する必要があります。

内部要因への対策を簡単にいうと、「検索エンジンがキレイだと思うサイトを作ること」です。

検索エンジンは私達がみるページではなく、HTMLと呼ばれるファイルを読み、どんなサイトなのかを判断するため、

人の目に見えないところも整えて読みやすくする必要があります。

また、外的要因への対策は反対に「被リンクを増やすことや有益な情報を載せて他者に評価をもらうことで、優れているサイトであることをアピールする」です。

どちらも判断するのは検索エンジンですが、内部要因については検索エンジン受けを狙う、外部要因に関しては検索エンジンに有益なサイトだと思ってもらうという違いがあります。

 

 

#内部と外部どちらが大切?

 

難しい問題ですが、「卵が先か、鶏が先か」という質問に似ています。

いくら外的要因は対策が完璧であっても内的要因で評価されていなければ上位表示されにくくなってしまいますし、逆もまた然り。

両方をきちんと対策してこそお互いに相乗効果が起こるというものです。

しかし、検索エンジンは日々進化しており、必要な対策も時代によって異なる場合があります。

少し前までは外的要因に力を入れるべきといわれていたんですよ。

SEO対策の流行も追いかける必要があります!

 

 

#内部と外部、それぞれ具体的には何をすれば良いの?

 

外的要因の対策は被リンクをたくさん作るためのリンク施策が大きなウエイトを占めます。

被リンクとはほかのサイトやページからリンクを貼ってもらうことをいいます。

ブログを書いている方は、面白い記事を読んだ時はシェアするためにリンクを貼ったりしますね。

たくさんの被リンクをもらうとみんなから有益だと思われているWebサイトであると検索エンジンは判断します。

ただし、過度な対策を施して不自然なリンクだと判断されるとリンクページだと思われてしまう可能性や、

ペナルティーを受ける可能性もあるので自然にみえるようにするのもポイントです。

 

内部対策は、検索エンジンに好かれるサイト作りなので、

タイトルに関連性のあるキーワードやコンテンツを充実させるといったことも必要です。

タイトルが「犬について」なのに鳥についてのキーワードしかない場合、検索エンジンは訪問者は混乱するかも知れないと考え、よい評価をしません。

また、キーワードを詰め込み過ぎるとスパム判定されますのでキーワード出現率にも注意が必要です。

こちらも自然に!ですね。

 

 

#キーワード?コンテンツ?な貴社の味方です!

 

ウィンネットでは、皆様のサイトをSEO内部対策を重視した仕様にするお手伝いをしています!

せっかく作るのなら上手に活用したい!でも時間も費用も限られている!

という貴社のサイトをSEOに強く更新しやすいIPdeltaで対策しませんか!

お気軽にご相談ください♫

topへ戻る